読み込み中…

相続トラブル回避における遺言書の活用方法

相続手続きにおいて遺言書が残されている場合、原則遺言書の内容が優先されます
遺言書があると相続人は遺産分割を行う必要がないため、スムーズに手続きを進められるほか、協議による揉め事を防ぐことにも繋がります。

このように遺言書を活用することで、財産の分配についてご自身の希望を伝えられるだけでなく、遺族の相続トラブルを起こりにくくすることもできます。

遺言書には、誰にどの財産をどれくらい渡すのか等、具体的に記します。
財産の譲り先は相続人以外の人物を指定することが出できるだけでなく、どこかの団体に寄付をすることも可能です。

ここでは遺言書によって回避できる相続トラブルについて、例を挙げながらご説明します。

(例1)自宅2,500万円と預金500万円を子3人で相続する場合

相続人が被相続人の子供だけの場合、財産は均等分割となるため、一人当たり1,000万円の取り分となります。
しかし、今回のケースですと財産のほとんどをご自宅(不動産)が占めているため、分配方法は下記のようになります。

  • 換価分割…自宅を売却して、現金化したお金を均等に分ける
  • 代償分割…自宅を引き継いだ相続人が、過剰分を他2人に現金で支払う

上記のような分配方法を選択した場合、ご自宅を手放すことになるだけでなく、他の相続人に支払う多額の現金を準備する必要があります。そのため、相続人同士のトラブルを引き起こす原因になりかねません。

このようなトラブルを回避する案として「自宅は同居していた長男へ、その他の財産は他の相続人2名で等分する」といったように、配分方法について具体的に遺言書に明示しておくことをおすすめいたします。

(例2)自宅1,500万円と預金500万円を配偶者と両親で相続する場合

このようなケースで遺言書が残されていないと、配偶者と義理の両親で「遺産分割協議」を行うことになります。
被相続人の両親と配偶者の仲が良くないと、話し合い自体が負担になることに加え、折り合いがつかずにトラブルになることも考えられます。

また、仲が良かった家族間でもトラブルになることが多いため、ご遺族の負担を軽減させるためにもお元気なうちに遺言書を作成しておくと良いでしょう。

遺言書の作成の関連ページ

相続手続きについて知る

お手続きの方法や内容を相続に不慣れな方でも分かりやすいよう、ご説明させていただきます。

相続の基礎知識

伊豆の国相続遺言相談室の
無料相談のご案内

STEP
1

まずはお電話・メールにてお問い合わせください

相続・遺言に関する無料相談をご希望の方は、まずはお気軽にお電話またはメールにてお問い合わせください。その際にお客様のご都合の良い日時をお伺いし、当事務所の専門家のスケジュールを確認したうえでご来所日・ご訪問日のご予約をさせていただきます。

STEP
2

スタッフが笑顔でご案内・ご対応いたします

行政書士事務所を訪問するのはこれがはじめてというご相談者様も多く、極度に緊張される方もなかにはいらっしゃいます。伊豆の国相続遺言相談室ではそのような方にも安心してご訪問いただけるよう、スタッフ一同、笑顔でご案内およびご対応させていただいております。

STEP
3

お客様の現在の状況についてお聞かせください

伊豆の国相続遺言相談室では初回の無料相談に際して90分~120分ほどのお時間を設け、お客様が現在抱えているお悩みやお困り事についてじっくりとお話しいただいております。どんなに些細なことであっても、どうぞお気軽にご相談ください。

伊豆の国相続遺言相談室の
初回相談が無料である理由

伊豆の国相続遺言相談室では、初回のご相談につきましては無料でご対応しております。なぜなら、相続を初めて経験される方でも気兼ねなくご相談できる場を設けたいと考えているからです。
無料相談の段階から相続の専門家が担当し、90分~120分のご対応時間のなかでお客様のお悩みやお困り事をじっくりとお伺いいたします。必要なお手続きや費用につきましてはご相談内容を踏まえたうえでご案内させていただきますので、不明点等がある場合には遠慮なくご質問ください。

伊豆の国、伊豆の皆様の頼れる専門家として、相続・遺言のお手続きはもちろんのこと、お客様のお気持ちに寄り添ったサポートを徹底しております。まずは伊豆の国相続遺言相談室の初回無料相談をご活用いただき、お客様が現在抱えているお悩みやお困り事についてお聞かせください。

伊豆の国、伊豆、沼津市南部を中心に
相続手続き・遺言書作成等を
親身にお手伝い

お電話でのご予約はこちら 伊豆の国、伊豆、沼津市南部の相続・遺言ならお任せください! 055-948-9692 相続・遺言の
無料相談
メールでの
お問い合わせ